コレステロールの改善にお勧めの3つの飲み物を紹介

健康診断や人間ドックの診察結果でLDLコレステロール値が高いと出てしまってちょっと不安になっていませんか?コレステロール値が高いと動脈硬化が進む可能性があり心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまう可能性があります。そうならないためにもしっかりと食事を改善しなけれなりません。今回は、食事についてではなくコレステロールの改善にお勧めの飲み物を紹介していきます。

〇ヨーグルトの乳酸菌がコレステロールを排出する

ヨーグルトは、牛乳を醗酵させた物なので、栄養価がほとんど同じです。だから、たんぱく質やカルシウム、脂質、ビタミン類などが含まれています。

ヨーグルトには、乳酸菌が存在しており、この乳酸菌は腸内フローラを改善する事によく利用されており腸の動きを改善して便秘や下痢を改善する事に期待されています。このような働きがあるので腸内環境をよくしたいなら乳酸菌を摂取する事をお勧めされます。

この乳酸菌には、コレステロールを下げる働きがあります。乳酸菌の表面には、ポリサッカライドとペプチドリカンが粘性でネバネバしています。この吸着力で腸内コレステロールにくっついて便として排泄されます。また、乳酸菌には胆汁酸を分解する働きが確認されています。胆汁酸を分解する事によって血中コレステロールを低下させる事が出来ます。胆汁酸は、コレステロールを原料にしているので胆汁酸を分解できればそれだけでコレステロールを消費する事が出来るのでコレステロールを改善する事gア出来ます。

ヨーグルトの他に豆乳も善玉コレステロールを増やすと言われており豆乳などを飲むのがお勧めです。朝に豆乳やヨーグルトを飲むようにするといいと思います。

〇赤ワインもコレステロールの酸化を抑える

赤ワインといったらフランスですよね。フランスには、フレンチパラドックスという言葉がありフランス人の人は肉や乳製品など動物性脂肪をたくさん摂っているのに疾患病の比率が低いというデータがあります。

これは、赤ワインが関係しているのではないかと考えられています。赤ワインには、抗酸化作用のポリフェノールが含まれているのでコレステロールが酸化して酸化コレステロールを防ぐ事が出来るからではないかと言われています。

赤ワインのぶどうの皮の色素成分であるアントシアニンや渋味物質のタンニン、その他にもカテキンやレスベラトロールなどが含まれています。さらに、赤ワインには血管拡張作用があるので血液循環にはお勧めの飲み物なんです。

〇ウーロン茶


ウーロン茶には、赤ワインと同様に抗酸化作用があります。ウーロン茶のポリフェノールはカテキンで小腸から吸収されにくい性質があります。胆汁酸が作用する前に中性脂肪にくっついて余分な物を排泄する事が出来ます。

このように、身近な飲み物でも十分にコレステロールを改善する事が出来ます。

飲み物だけでなくサプリメントでもコレステロールを改善したいと考えている方は以下のサイトを参考にしてください。
詳しくはこちら